MENU

高校生のオーストラリア留学 渡航前に英会話の練習をしておくのがおすすめ

1年間のオーストラリア留学を終えて帰国した娘に今思う留学前にやっておけば良かったことをインタビューしました。

留学でいろいろなことを経験したからこそ言える言葉の数々に、うなずくばかりでした。

目次

英語ができなくても留学できる?

英語ができなくても留学はできるよ。
留学して英語が話せるようになるには自分から話すことが大事!

娘は高校の留学プログラムで留学しているので、「食」「住」「学校」は確保できています。

「住」は、ホームステイ先の家のルールを守っていれば大きな問題は起きません。

「食」はある程度の我慢が必要になる場合があります。

日本食が食べたい、嫌いなものが出るなどはどうしようもありませんが、ホームステイ先に伝えることである程度対応してもらえる場合もあります。

うちの場合、生野菜が食べたかったから、だしてもらった

ただ、問題がない、我慢してしまおうと思えば自分の意見を伝える必要がありません。

留学中の学校の授業は英語ですが、時間さえ過ぎれば授業は終わります

ホームステイ先のファミリーとのコミュニケーションは最低限しかとらなくても、ホームステイファミリーからなにか言われることはありません。

そりゃあ「勉強しなさい」なんていうホームステイファミリーはいないよ

そして帰国日が来れば日本に帰ります。

だから、英語ができなくも留学はできます。

留学で何かを得たいと思ったら目標を決めておくことが大事

留学中に何をどうしたいのかによって、留学前に日本でやったほうがいいことは変わってくるはずです。

日本で英語の基礎力を上げておくべきだった。
TOEIC500点は留学前に持っていたら方が良かったな。
スタート地点が変われば、結果は変わってきたと思う

娘の場合、留学前のTOEICは290点でした。

文法がとても苦手で1年間の留学後の点数は520点です。

IELTS(アイエルツ)はオーストラリア留学に受験し、5.0を取得しました。

IELTS(International English Language Testing System)は、米国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、および英国を含む英語圏の国々に留学、就労または移住を希望する人々の英語力を測定する、ハイステークスの英語試験です。IELTSは、4つの英語スキル(書く、読む、聞く、話す)をはかるテストで、IELTSアカデミックとIELTSジェネラル・トレーニングの2つのモジュール(タイプ)があります。

IELTS(アイエルツ)とは | 英語検定・試験のIELTS公式サイト (ieltsjp.com)より引用

娘の最終目標はTOEICの700点でした。

目標としていた点数は達すること無く帰国することになりました。

しかし、当初考えていなかった(存在をしらなかった)IELTS5.0が取れたのは娘の努力の結果です。

しかし、娘は「もっと取れたのではないか」と思っています。

留学前にもっと英語文法の勉強しておけばよかった

というのが娘の本音です。

英語の基礎力は必要としみじみ語る

娘は英語の基礎力があることで、1年後の結果は違うことを目の当たりにしています。

それは、同時期にオーストラリア留学した友達の1年間の留学の結果を見ているからです。

TOEICはL&Rの得点になります。

留学前TOEIC点数留学前英検留学後TOEIC点数留学中のIELTS結果
500点台800点台6.0
300点台2級600点台5.0
290点(娘)準2級520点5.0
100点台100点台
同じ期間留学した友達との比較

英検、TOEIC、IELTSの対照表を見るとだいたいどれぐらいの英語力なのかわかると思います。

各資格・検定試験とCEFRとの対照表 (mext.go.jp)文部科学省より引用

留学前100点台の友達は、ホームステイ先でも自分の部屋にこもってゲーム三昧。

ホームステイファミリーとの交流はほぼなし。

YES、No、Thank you だけだったみたい。一緒に出掛けても店員さんに話しているのを見たことが無い、そもそも英語の聞き取りができない

自分から英語を話すことをせず過ごしていたので、留学して英語が伸びることはありませんでした。

この子の場合、親が留学に積極的でしたが子どもは違っていました。

留学前から英語力があり、留学する理由をきちんと持っていいる子は、結果を残して帰国していたと言っています➡その後、海外大学に留学しています。

留学前に基礎力を上げていたら、さらに語学力は上がっていたのではないかな

と、友達の結果を見ると思うそうです。

娘の場合、文法が苦手でしたので日本でできることを留学先で行うのは、時間がもったいなかったと反省しきりでした。

英語が話せないけれども、留学に行けば何とかなると思っても、実際は「間違えたらどうしよう」「単語した出てこない」「何をしゃべっているのかわからない」と落ち込むことばかりかもしれません。

留学する理由をはっきりさせて、目標を決めないとダメ。
TOEICを何点取るとか、ホームステイ先のファミリーとたくさん会話ができるようになるとか

娘の学校の留学プログラムの場合、3カ月ごとに留学期間を延ばすことができます。

友達の中でも「海外に行ってみたい」という理由だけで3カ月間留学する子がいます。

「海外に行ってみたい」の理由しかない子の場合、ホームステイ先の自室に閉じこもり、日本に帰る日を指折り数えている子が多かったそうです。

「海外に行ってみたい」なら普通に海外旅行すればいい

3か月間の留学期間でも自分で目標を持って行動していた子は、留学で目標に向かって進んでいくそうです。

何も得られずに帰ってくると、親としても切ない

留学費用は3か月間でもなかなかの金額です。

日本ではできない経験をたくさんして帰ってきてほしいですね。

日本でできることは日本で

起立性調節障害 通信制高校

最低限の英会話ができれば、留学先でも英語でコミュニケーションが取れます

短期間しか留学期間が取れないのであれば、日本でできることは日本で行ってから留学に行くのがおすすめです。

会話をするには、相手が何を言っているのか聞き取れなければなりません。

ゆっくりでも、単語でも話すことが大事。文法はぐちゃぐちゃでもなんとかなったよ

娘の場合、留学する前から英語の聞き取りはできていました

オーストラリアでは相手が話している内容ははわかる

しかし「言いたいけどどういったらいいのかわからい」というジレンマに陥っていたそうです。

はじめの1ヶ月は電子辞書を片手に会話していたよ

単語を調べながら話したそうです。

英会話のおすすめはオンライン英会話

オンライン英会話を使って、英会話に慣れておくと「留学中会話をすることが怖くてできなかった」などのつまづきを回避することができます。

まずリスニングができることで相手が何を言っているのかわかります

聞き取りができるようになると、真似ることで話すことができるようになります

毎日繰り返すことで徐々にできるようになりますよ。

オンライン英会話の場合、どの会社も無料体験レッスンがありますので気軽にトライしてみてください。

無料体験レッスン2回分や7日間など会社によって異なります。

無料体験を全部受けてみて、自分に合った英会話教室を選ぶのがおすすめです。

英会話が少しでもできるようになってから留学に行くと、少ない留学時間が濃密な時間を過ごすことに役立ちます。

日本では毎日30分の英会話でも、留学では英語のシャワーを浴びる環境に変わります。

留学をスタートするときに少しでも英語の技能ができると、その先の留学生活が楽しく変わりますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次