起立性調節障害の中学生・不登校気味の娘に友達の反応は?

中学3年生のGW明けから、徐々に学校に行く回数が少なくなってきました。

朝から登校するのは、試験日やどうしても出席しなければならない行事ぐらいです。

そんな娘に、クラスの子はどのような反応だったのか…というお話です。

学校に登校しないことが噂になる

クラスでは、娘が学校に遅刻・欠席が多いことについて噂になっていたようです。

なんで学校に来ないの?」「さぼり?」など。

陰でこそこそ言ってる子はいるよ。気にしても仕方ない。

娘は足がだるいこともあり、登校時には片足だけ黒の着圧ソックスを履き、制服の白の靴下を履いています。

足を引きずるようにして歩くのでなおさら注目されます。

見た目からも「あれ?」となります。

友達同士では話題なっていたようですが、誰も娘には何も言いません。

それでも、いじめられるなどということもありませんでした。

娘の話を聞く限り

「今日来たんだ~」っていう感じかな。授業のノートを取っておいてくれたのもらった。
いつも書いておいてくれるの。ありがたいわ。

思春期特有の感じなのかな?!

あまり深く聞こうとする子がいないクラスでした。

スポンサーリンク

仲のいい友達からの質問

放課後、学校に残って数人で勉強していた時に、さらっと聞かれたことはありました。

なんで朝から学校に来ないの?

この時すでに2学期も中盤以降でした。

起立性調節障害の症状が出たのが4月でしたので、半年近くたっていたころだと思います。

娘は、常に病気の事を友達に隠す必要も無いと思っていました。

病状をありのまま話したそうです。

朝起きることができないの。身体がだるくて動くことができない。起立性調節障害という病気になった。

すると、1人の子は「私もきっと同じ病気だと思う。体調も同じ。」と言われてびっくりしたとのこと。

この子はちゃんと学校に来ていますし、遅刻とは無縁の子。

遅刻しないで朝から学校に来ているでしょ。どうやって起きてるの?

朝3時に起きて、学校に行けるようにしてる。そうじゃないと起きることができないから。親に言っていないから、病院にも行っていない」とのこと。

別の子も「私も朝起きれない。体がだるい。」との事だったそうです。

その子の場合は遅刻しがちで、始業時間ギリギリに学校に来ることが多いとのこと。

そういえば、連続して学校を1週間休んだりすることもあったなぁ。あの子も起立性調節障害だったんだ。

この子の場合、体調と相談しながら学校に行っているとのことでした。

実は、体調不良ではあるけれどもそれが何なのか?分からないまま過ごしている子がいるということを友達と話をすることで分かりました。

友達が娘に聞いてくれたのは結果として良かったようです。

この日を境に体調を理解してくれる友達が少しできました。

同じような症状の子がいたよ。ビックリしたよ。

症状の重さはそれぞれ異なっていましたが、「朝起きるのがツライ」のはみな同じでした。

クラスの生徒が40人ほどいる中で、娘を含め同じ症状の子がが4人は確実にいることが分かった瞬間でした。

スポンサーリンク

中学1年生から休みがちなクラスメイトの存在もあった

娘がまだ中学1年生のころ、同じクラスの子が1学期の段階から不登校気味の子がいました。

娘は同じクラス・同じ部活で仲が良く、いろいろな話をしていたそうです。
(文化部で週1のみという、ゆったりした部活でした)

彼女の話を聞いて、娘は「クラスに学校になかなかこれない子がいるんだよ。病気になっちゃんだって。」ということを私に教えてくれていました。

私も「大変だなぁ、早くよくなるといいね」と、言っていたのを覚えています。

その後あったクラスの保護者会でこの子のお母さまが、子どもの病気の件についてお話をされていました。

内容を抜粋すると

  • 今、娘がなかなか学校に通学できていない
  • 起立性調節障害という病気で、朝起きるのが困難
  • 本人は頑張っているが、根性とかでどうにかなるものではない
  • 子ども同士で理解するのは難しいと感じているので、ここで(保護者会という席で)説明させてもらっている
  • 保護者会が終わって家に帰ったら、わが子の病気のことをご自身の子どもに伝えてほしい

ということでした。

このことがあって、なんとなくこの病気の事を知ることになりました。

スポンサーリンク

自分から友達に病気だと言う?どうする?

欠席していることを聞かれれば答えるけれども、自分からわざわざ言う必要は無いと思っているの。

そう言われてしまうと「確かに…」と、思ってしまします。

病気に対してどんな理解をしてほしいのか?を考えると、ひと言は言い表せないなと思います。

「病気です」って言ってどうするの?
何かしてもらうの?特にないしなぁ。
起立性調節障害が治るわけでもないのに?

「そんな子もいるんだな(そういう病気もあるんだな)」という程度に、思ってくれていればいいなという感じです。

娘自身は、特に何かやって欲しいということもありません。

学校に行っている時間は(基本的に)調子がいい時です。

多少は制限がかかるときもありますが、本人がうまく調整するのだと思います。

意地悪する人とか、悪口をいう人はずっと言うよ。何を言ってもわからない人はわからないままだよ。気にしなければいいよ。他にも友達いるから別に気にならなないよ。

悪口を面と向かって言われることは無いですから、耳に入らない限り気にならないようです。

私が思っている以上に、娘は強かった!



カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です