オーストラリア留学1年:TOEICからIELTSに変更してよかった

IELTS

半年間のオーストラリア留学を延長し、1年間の留学期間となりました。

この半年間、何が起きていたのかをご紹介します。

毎日辛い

半年間のオーストラリア留学が延長となってからも、「勉強をしてもしても追いつけない。時間が足りない。ぜんぜん覚えられない」と、学校から家に戻ってくると、いつも泣いて電話をかけてきていました。

娘からくる電話の半分以上は不安と焦りなど負の要素です。

キラキラした留学生活は一切感じられません。

楽しんでいる日はあるのか?と心配になることもありました。

唯一の救いは、ホームステイファミリーのわんちゃんとねこちゃんが娘にとてもなついてくれたことでした。

娘が部屋のドアを閉めない限り、2匹とも娘のそばを離れずに一緒にいてくれたことで心が救われていたようです。

スポンサーリンク

英語の成果を実感したのはYouTube

あまりにも落ち込んだ時に見たYouTubeで、うれしいことが起きたそうです。

さっきYouTubeで海外のディズニーのをチャンネルをみたら、内容がわかったの。鳥肌が立った~。コメントもわかるの~♪」と興奮して電話をかけてきたことがあります。

娘はディズニー大好きなので、自分の好きなものをそのまま感じることができたことに感動していました。

この時から、落ち込んだらディズニーのチャンネルを見て、また頑張るというサイクルができあがっていきました。

スポンサーリンク

IELTSの受験

学校の先生とは3~4カ月に1度の割合で面談をしていました。

前回の面談から今回の面談に至るまでどんなことをやったか、その結果どうなったのか、など。

そんななか「IELTSを受けてみてはどうですか?(希望者のみ受験)」という先生の提案がありました。

私自身「IELTS」という存在を知らなかったので、必要なのかの判断もつきません。

海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、およびイギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請に最適なテストです。

【公式】IELTS(アイエルツ)日本公式サイト | 公益財団法人 日本英語検定協会 (eiken.or.jp)より引用

海外大学に行く予定も無いのに「必要なのかな?」と感じましたが、先生曰く「そこそこの点数がとれるんじゃないか」という話になったのです。

オーストラリア留学中、受けられるテストといえばTOEICとIELTSでした。

英検は海外でも受けることができますが、オーストラリアでは受けられません。→英検・海外受験会場案内 (eiken.or.jp)

「IELTS(アカデミック・モジュール)も受ける?先生が受けたらって言ってたよ。」というと、「嫌だけど」と一瞬で切れました。

TOEICでいっぱいいっぱいなのに、IELTS受けるって馬鹿じゃないの。大変なんだよ!」と怒り心頭です。

これ以上負担を増やすなと娘は言いたかったのです。

学校で行っていたIELTSの練習は、30分で300word書けるようにしなければならないもので大変だと他の生徒から聞かされていたことも影響していました。(1word=1単語)

IELTSのライティング試験は問題数は2問、試験時間は60分です。
IELTSの内容についてはこちらをご覧ください→テスト内容 (eiken.or.jp)

先生にライティングしたものを提出しては、添削されて戻されてという作業を何度もしていました。

今でこそ「ライティングが伸びたのは、この練習を何度も行っていたから」といいますが、当時は死に物狂いでやっていました。

頑張ったかいもあり、2回目のIELTS受験で5.0を取得することができました

スポンサーリンク

さいごに

帰国日1か月前ぐらいから娘は「帰りたくないなぁ」と言いだしました。

住めば都とばかりオーストラリアの居心地が良かったのです。

  • 勉強は大変だけど、ホームステイファミリーとの関係はいい
  • 起立性調節障害の症状(体がだるい、動けない等)が無く快適に過ごせている
  • 英語以外の勉強をしなくていい
  • はっきりと好き嫌いがいえる環境が娘の性格に合致した

など、オーストラリアではいろいろな面で楽だったというのもありました。

最後の1週間は日本へのお土産を買うことに全精力を使い果たしていました。

留学を始めた時にはTOEICの点数に固執していたのですが、苦手な文法をなかなか克服することができずIELTSを受験した形になりました。

しかし、IELSTSで結果が出せたことで大学受験の入試に活用できることができそうだということがわかりました→英検・TEAP・IELTS 活用校検索はこちら

1年のオーストラリア留学で経験したことが生きてくるのはこれからかもしれません。

若い時に異文化の経験ができて良かったと思っています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です