オーストラリア留学1ヶ月目はどんな感じだった?

オーストラリア ラクダ

高校でオーストラリア留学した娘に1ヶ月目はどんな感じだったのか、インタビューしました。

オーストラリア到着

オーストラリアに到着後、そのまま学校に移動してホストファミリーと対面です。

そのままホストファミリーと一緒に自宅に移動となります。

先生からは、「ホストファミリーも自分も初対面同士お互いに緊張しているので、挨拶をちゃんとして、自分から話すようにして、自分の事を知ってもらうことが大事」という趣旨のことをいわれていたそうです。

学校到着時には、オーストラリアのOptus(オプタス)のSIMを購入しています。
Prepaid Mobile Starter Kits | Prepaid Mobile Phone SIMs – Optus Prepaid

ホストファミリーはどんな人?

娘のホームステイファミリーは、オーストラリア人のご主人と、中国人の奥様、そして犬と猫がいるご家庭です。

ご主人は定年退職している年齢の方でした。

娘から送られてきた写真を見ると、とてもやさしそうなご夫婦でした。

今まで数人ホームステイの経験があるとのことでしたので、私たち夫婦も安心していました。

奥様が中国の方でしたので、「食事は中華が出るかもね」なんていう会話を留学前に娘としていました。

初日の食事は水餃子!食べなれた味なので食事面での心配はありませんでした。

ホストファミリーの家についたら、荷物整理もせずに3時間ほど話をしたそうです。

英会話にはならず、単語と指差し、辞書を片手に悪戦苦闘しながらです。

「〇〇and〇〇and・・・ってandばっかり言って会話してた」とのこと。

あっという間の2週間

オーストラリア留学のはじめの2週間は、オリエンテーションなど日本の新学期の学校の行事のようなもの(クラス編成、学校周辺の散策、学校行事でキャンプ等)をおこなって過ぎていっていたようです。

「るるぶ」や「地球の歩き方」などの旅行雑誌にに掲載されているオーストラリアの観光地へも行きました。


娘にとってオーストラリアへ行くことは初めての経験です。

見るものがすべてが物珍しく、文化の違いに驚きと楽しいの連続だったそうです

スポンサーリンク

オーストラリア留学1ヶ月

1ヶ月もすると、オーストラリアでの生活には慣れました。

日常生活

家でもなるべく自分から話しかけるようにしていたとのこと。

「手伝いは何もしなくてよい」といわれていたそうですが、毎食時テーブルを拭くことを自ら行うようにしたそうです。

とても小さなことかもしれませんが、「拭き終わったよ」「スプーン出すね」などの会話はできます。

毎日同じフレーズを言うので自然に言い方を覚えることもできます。

「スプーン」を「皿」「フォーク」に変えることでバリエーションが増えます。

意識的に英語を話す機会を作っていたことで、ファミリーとのコミュニケーションも徐々に取れるようなってなってきたと感じるようになったそうです。

学校の往復はご主人が運転する車での送り迎えになっていました。
車では、学校の出来事や朝のテレビの内容について話をするようにしていたそうです。

学校のそばにはショッピングモールがあり、放課後や休日には友達と出かけていくこともあります。

お店での注文など、基本的な英会話は出来るようになっていたとのこと。

自分の話している英語が通じているかどうかは、話してみないとわからないので、機会があればどんどんしゃべるようにしていたそうです。

学校生活

学校の授業は英語で受けます。

1日中英語漬けですから、徐々に耳も慣れてきます。

渡航前は英文を見るのも嫌だったのが、1ヶ月目で450単語(word)の文章を読むのは辛くなくなったことに驚いたそうです。(This is a pen.は4単語です)

英文が嫌いという感情が無くなったという点では成長しているなと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です