オーストラリア留学の効果:心境の変化や成果など

オーストラリア留学 高校生

高校生の娘がオーストラリア留学中、どんなことを考え、どんな状態だったのか、帰国して日本の生活に落ち着いてからインタビューしてみました。

娘自身「あの時は…」と一つひとつ思い出しながら話をしてくれました。

留学は行ってよかった。いろいろな意味で選択の幅が広がり、希望が持てるようになった」と言ったのが印象的でした。

留学でどのように変わっていったのか、娘にきいてみました。

留学前のスペック

留学前の娘の英語力は、以下の通りです。

  • 英語の聞き取りはOK
  • 中学になり、文法と向き合わなければならなくなると英語嫌いになる
  • 中学3年から起立性調節障害で学校に行けなくなり、学校の授業はほとんど受けていない
  • 中学卒業前には英検準2級と取得(リスニングで点数確保、それ以外の部分では合格レベルギリギリ)
  • 英会話はできない
スポンサーリンク

1年間のオーストラリア留学後のスペック

1年間のオーストラリア留学後、英語力はどのようになったのかご紹介します。

  • リスニングはOK
  • 日常英会話もOK
  • オーストラリアでIELTS5.0を取得
  • 帰国後の英検では2級に合格
  1. STEP

    留学1ヶ月目

    オーストラリアの生活に慣れる期間。

    見るものすべてが新鮮で珍しい。

    辞書が手放せない。

  2. STEP

    3ヶ月目

    日常会話には問題が無くなった。

    3ヶ月で帰国する子が多かった。

  3. STEP

    6カ月目

    当初の予定の半年を間近に控え、帰国するか留学を続けるか迷う。

    半年間、留学期間を延長することにする。

  4. STEP

    1年

    もっとオーストラリア留学したかったが、パスポートの有効期限が無く、帰国する。

スポンサーリンク

留学での娘の気持ちの変化

「英語ができないから悔しくて留学に行った」という娘。

「留学に行って良かった点は?」と聞いたところ、いろいろなことを教えてくれました。

  • 1年間英語だけの生活をして、楽しかったこともあるけど、辛いことも同じようにあった
  • 将来、職業を考える時に選択幅が増えたことは良かった
  • 中学時代、英語が嫌いで仕方がなかったが、今では一番得意な科目になっている
  • 勉強のためだけでなく、自分のために英語を続けて勉強していこうと思っている

など。

スポンサーリンク

私から見た娘の変化

帰国した娘を見ていると、その変化にビックリします。

英語で書かれている情報をそのまま見ることができるので、ダイレクトに情報の内容を見聞きすることができるので、正しい情報が得られています。

言葉の壁もないので、思考や行動範囲が以前と比べて広くなっていると感じます。

私からするとうらやましい限りです。

将来の選択肢が広がったという意味でも、留学して良かったと感じたようです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です