起立性調節障害の中高一貫校の娘、通信制高校受験から卒業式まで

高校受験 起立性調節障害

中高一貫校に進学した娘でしたが、体調が悪い日が続き同高校への進学は諦めました。

通信制高校の受験をしたとき、発表後の様子などです。

通信制高校を受験

起立性調節障害の娘にとって、朝から頭をフル回転させるのはかなり辛い

心配なのは、朝起きて動くことができるかということです。

朝起きることができれば、気力でなんとかなるはず!
頑張って起きるよ。
あとは、天気さえよかったら良いんだけどなぁ。

当日は天気が良かったこともあり、無事に受験できました。

合格発表は1週間後。

とても長い1週間を過ごしました。

結果は合格。

通学している学校の先生にも報告をしました。

進学する高校が決まったことで、気持ちが楽になりました。

残すはギリギリの出席日数でも良いので、学校に行き友達との思い出を作って欲しいなと思っていました。

スポンサーリンク

冬休み前から卒業式まで

「高校進学希望書」提出

娘が在籍していた中高一貫校では、12月に行われる期末試験の後に学校から「高校進学希望書(という名前だったような気がします)」をいただきました。

いわゆる「(同)高校に進学を希望します。」という届けのようなものです。

この希望書の提出と3学期の成績が規定に達していれば進学できるとういうことになります。

娘の場合、テストの日以外は朝から学校に行くことがありませんでしたので、「高校進学希望書」を提出したかどうかなどクラスメイトが知ることはありませんでした。

高校進学のための説明会

3学期の終わりごろにもなれば、高校進学のための説明会や制服の採寸、教科書配布等の行事が待っていました。

この頃になると学校に行かない日が多くても、特にクラスメイトも気にすることがありませんでした。

この時点で同じクラスの子が(別の)通信制高校に進学するということがわかっていました。

同高校に進学しない友達がいることが分かっていたのは、心強かったそうです。

クラスメイトの問いかけがツライ

3学期も終わりに近づくと、仲の良い友達との会話が辛くなってきました。

今日も「高校になったら同じクラスになりたいね。部活はどうする?」って聞かれるの。
先生、いつになったら高校進学の件を言ってくれるんだろう。

例年、卒業式前には同高校に進学しない人を発表すると聞いていたので、早くその日が来てくれることを娘は心待ちにしていました。

「同じクラスになりたい」といわれても、何もいうことができないという状況がとても嫌だといいます。

先生からは進学先の事をいうことを固く口留めされていました。

担任の先生に「いつ高校に行かないことをみんなに言うの?」と聞けば「他に、まだ進学先が決まっていない子がいるからまだいえない」といわれ続けていました。

スポンサーリンク

卒業式で分かったこと

卒業式 起立性調節障害

卒業式の時に「△人が中学を卒業。〇人が同高校に進学。」という紙をいただきました。

学年全体で十数人は別の学校に進学するのがわかりました。

人数から考えると、同じクラスの子でも数人は同高校に進学していないようです。

中学の卒業式の時点でも高校進学の件では触れられず、モヤモヤした気持ちを抱えながら卒業しました。



カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です