MENU

起立性調節障害の娘の朝の起こし方。我が家の場合は決まった時間に声掛け

起立性調節障害の娘の起こし方は、本当に大変。

朝起きれないことが分かっていながらも、子どもを起こさなければいけないのは正直面倒と思ってしまう日もあります。

しかし、早く状態が良くなってほしいとも思っているので、頑張って毎日声掛けをしています。

我が家の場合はこちら。

  • 決まった時間に起こす
  • 30分毎ぐらいで3回ほど声掛けをする
  • 起きなければ、学校に行くかどうかの確認をする

なるべく規則正しい生活を心がけていたので「朝が来た」と分かるように、決まった時間に起こすようにしていました。

目次

時間通りに起こす

娘が通っていた中高一貫校は、自宅から電車を2本乗り、最寄駅からも10~15分ほど歩いた場所にあります。

我が家の場合、6時~6時半までの間にまずは1回起こします。

学校に登校する時間が7時過ぎなので、支度を考えるとギリギリの時間です

まずはカーテンを開けて、日の光を部屋の中に入れる

朝起きる時間になった太陽の光を入れるためにカーテンを開けます。

朝日で起きるように仕向けますが、天気の悪い日や冬などは、太陽の光が入ってきません。

その場合は光目覚ましを使って、起こすのが効果的です。

音を鳴らして無理やり起こすのではなく、ゆっくりと朝日で起こします

光目覚ましは、じょじょに光が強くなるようになっているので、朝日を浴びているような状況を作れます

そこから声を掛けます。

朝だよ~、起きるよ~

光目覚ましは、朝日と同等の明るさを再現した目覚ましです。朝日のような白い光を浴びることができるのはトトノエライト

30分毎に声掛け(最大3回)

起立性調節障害 朝の起こし方

1回目に起こした後、30分毎に声掛けするようにしています。

最大3回繰り返して、それ以上は起こしません。

3回以上起こしても起きない場合は、午前中からの登校は無理と判断します

娘に声をかけながらチェックするのはこちら。

  • 顔い色はどうかな?
  • 少しは動けるのかな?
  • 他に体調の悪いところ(風邪をひいている)などはないかな?

血圧も図って本当に調子が悪いのかのチェックも欠かしません。

起きるのがめんどくさくて、行きたくない日もあるのよね

我が家の場合、上の血圧が100mmHgを超えていたらサボり認定!(上の血圧=最高血圧)

布団から出て、椅子に座るように促します。

ゆっくりでもよいので朝ごはんを食べさせ、学校へ行く準備を始めさせます。

最近は、完全栄養食のベースブレッドを食べるのがお気に入り

朝起きるのが遅いので1日2食になってしまい「成長期なのに栄養大丈夫なのかな」と心配になっていた時に見つけたベースブレッド。

コンビニでも購入できるようですが、近所のコンビニに無いので通販で買っています。

しかし、雨の日や台風が近づいているなど天気が悪い日も体がピクリともしません。

天気予報を見て「明日はダメそうだな」と思っても、声掛けは毎日続けています。

毎朝のチェックが負担に…

毎朝の日課は、子どもの体調チェックと学校に行くのか?行かないのかのチェックです。

今日は学校いくの?行かないの?

欠席の場合、学校に電話で欠席連絡をしなければなりませんが、連絡できる時間が決められています。

電話の内容も、「体調が良くないので今日も休みます」の一言だけ。

たったこれだけの事ですが、とても面倒。

お互いに話すことが無いので、朝から苦痛な時間が続いていてげんなりしていました。

そうだ!担任の先生に「学校に行くときだけ連絡する」って言おうっと

実際に週の半分以上は休んでいるので、毎朝学校に電話をするストレスがなくなりました

娘が家を出たら、「〇時ぐらいには学校に着くと思います」という連絡はします

体調が多少悪い状態でも学校に行く場合があったので、予定到着時間だけは伝えるようにしていました。

起立性調節障害になってから、土曜日に学校に登校することは無くなったよ

私立中学の場合、土曜日の午前中は授業がありますが出席したことがありません。

どうがんばっても午前中に学校に到着することができませんでした。

朝から学校に行くのは試験の時ぐらい

始業時間に間に合うように学校に行くのは、中間テスト・期末テストのような試験の時だけです。

この時は、6時に起こしたとても起きられないということを本人が一番わかっています。

赤点が怖いので、4時~5時ぐらいに起きて勉強していました

「起きれない➡テストが受けられない➡赤点➡友達と一緒に高校に進学できない」という不安もあったのだと思います。

中学時代に赤点や学校が合わないなどの理由から、さまざまな事情で中等部を辞めていきました。

中学だけはこの学校を卒業するの!

友達と離れるのも嫌だったこともあり、中学は通っている学校で卒業することを目指しました。

高校は家から近い通信制高校で体調が楽になった

高校は、通学型(全日制)の通信制高校に進学しました。

朝起きれないことが少なくなりました。

無理をしたり天候によっては起きれません。高校になっても起こし方は一緒です

通信制高校にして遅刻することが減りました。

なぜなら、中高一貫校時代と比べ10分の1ほどの時間で学校に着くことができるようになったことと、始業時間が少し遅いということが重なったからなのです。

通学時間が短いのは助かります

友達面でも同じ境遇の子が学校にいたので嫌な思いをせずに過ごせましたよ。

ちなみに、最近の通信制高校は専門学校のようにコースが併設されている学校も数多くあります。

  • 美容が学べる通信制高校
  • スポーツが学べる通信制高校
  • ゲームが学べる通信制高校
  • 調理・製菓が学べる通信制高校
  • 声優が学べる通信制高校

子どものやりたいことがある学校なら楽しく通うことができますよ。

家の近くに通信制高校はあるのかな?と思ったら通信制高校選びができる【ニュースク】で探して見てください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次