MENU

体育祭で熱中症になる。起立性調節障害の人は要注意

高校の体育祭でで熱中症になり、病院に搬送されました。

搬送先の病院は「起立性調節障害」の事を知っている先生がいませんでした。

この時、病院の先生に病気の説明をすることが大変だと改めて感じました。

娘が熱中症になったときと、その後の状態です。

目次

救急車で病院に搬送

体育祭では娘以外にも数人ほど熱中症になり、病院に搬送されるという事態になっていました。

目の前で友達がけいれんを起こし倒れ、他にもふらふらしている子が数人。

娘の場合、足の異変を感じて自力で保健室たどり着いたそうです。

これ以上、ここにいたら倒れる

  • 両足がつってしまった(少しけいれんがあったみたいです)
  • 頭痛
  • 気持ち悪さ

などがあったとのことでした。

私は学校から連絡をもらい、体育祭が行われていた場所に向かいました。

娘と会ったときには、黄色の段階でのトリアージタグを手首つけていました。

トリアージタグ

立てない~

意識はあったので、救急隊員の方の質問などの受け答えもできていました。

数人の生徒が順番に救急車で病院に向かいます。

倒れた人数が多いので受け入れ先の病院がなかなか決まらず、私自身「大丈夫なのかな?」という気持ちになりました。

なんとか病院も決まり、救急車で搬送されました。

搬送先では、MRI検査と点滴

搬送された病院では、MRIで頭部の検査と点滴を受けました。(頭痛があったので、念のためにMRIを撮る)

熱中症だけの症状ならMRIは撮らないと思います。
娘の場合、起立性調節障害の診察時に頭痛があったことでMRIで頭部を撮りました。
その結果、血管に細いところがあることが分かり、頭痛があるときには注意するように言われていました。
そのことを搬送先のお医者さんに伝えたら、念のためMRIも撮ることになったそうです。

救急搬送された病院での先生の見解は?

救急搬送で入った病院の先生との診断時に

娘は起立性調節障害という病気ですが、熱中症で問題が起きることはありますか?大丈夫なのでしょうか?

搬送先の医者

起立性調節障害?

対応が「起立性調節障害ってなんだ?」「大丈夫じゃないの?」という感じなのです。

本当に大丈夫なの?この先生、病気のことも知らないし、うちの子、平気なのかな?

幸い、その日は入院をせずにすみました。

かなり遅い時間に搬送された病院を出たので、コンビニによって娘が食べられそうなものと、ポカリスエットを大量に購入し帰宅しました。

帰宅後はたくさんの水分を飲み、早めに寝ました。

熱中症が引き金となることもあるので注意が必要

その後、病院(起立性調節障害の定期健診)の受診の時に熱中症になったことを報告しました。

主治医

大丈夫だった?大丈夫だったらいいんだけど、熱中症が引き金で体調が悪くなる(起立性調節障害が酷くなる)人もいるから気を付けて

詳しく聞いていくと、起立性調節障害の娘に、熱中症は身体にかなりダメージだっということが分かりました。

熱中症にならないのが一番いいですが、今回は大事に至らないでよかったです。

熱中症自体も、軽度なものから重度なものまで幅広いですが、少しでも「体調がおかしいな」と思ったら、早めの対応がいいですね。

小学生や中高生で起立性調節障害など指摘されている方も熱中症になりやすいので、炎天下の部活動には特に注意が必要です。

のどが渇いていなくても水分を補給しましょう。

http://www.aokiclinic-tekuteku.jp/tekuteku/1208.htmlより引用

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次