MENU

起立性調節障害で中高一貫校の高校に進学した友達。その後はどうなっていたのか?

中高一貫校の中学3年生の時に、起立性調節障害になった娘。

娘は、家から近い通信制高校に進学することを決めました。

クラスに数人いた起立性調節障害の友達は、そのまま同高校に内部進学していました。

学校の文化祭に呼ばれたことで、久しぶりに中学時代の友達に会うことができました。

起立性調節障害の友達はどんな高校生活を送っているのか聞いてみました。

目次

中高一貫校に進学した起立性調節障害の友達はどうなった?

通信制高校に入った娘は、中学の時に在籍していた中高一貫校の文化祭に行きました。

仲の良かった友達が「文化祭があるからおいでよ。久しぶりに会いたいね」と誘ってくれたのがきっかけです。

起立性調節障害の友達の、様子を聞くと大変だったようです。

出席日数が危ないんだ、計画的に学校を休まないと退学になりそう。ヤバいの

その後どうなったのかは連絡を取っていないので分かりませんが、無事に進級できているといいなと思います。

病院で受診はしていないものの「自分は起立性調節障害なのではないか」と思っている友達も数人います。

皆、そのまま高校に内部進学していました。

体調は相変わらずなんだけどね~、なんとか通学しているよ

なんとか学校生活の折り合いをつけながら、友達たちは頑張っているようでした。

娘は通信制高校にして、良かったと思っている

中学時代の友達の話を聞いて、一言。

通信制高校にして良かったよ~♪

通信制高校にして良かったことは、体の負担と精神的な負担が減ったこと。

勉強面だけを考えると、中高一貫校とは比較にならないほどゆっくりペース。

中高一貫校時代のような莫大な宿題量が無いので、宿題に追われて睡眠時間が無くなることもありません

娘の場合、家から近い通信高校を選んだことで、通学の時間や負担を減らせました

睡眠時間も確保できるようになり、娘にとっては好循環になったと思っています。

通学時間が短くなったことで、大幅な遅刻をしないで学校に行けるよ

起床時間が変わらなくても、通学時間の関係で中学時代は12時頃学校に到着(午前の授業は欠席)するところ、高校では2時間目までには学校の到着します。出席日数が確保できることで、精神的負担が軽減されました。

学校にも起立性調節障害の子が何人もいるので、お互いに「つらいね」と言い合える友達関係ができていました。

病気のことで何か言われることもないので、とても穏やかに過ごせていましたよ。

「高校はどうしよう、全日制?通信制?」と迷っているなら、通信制高校も調べてみるといいですよ

最近の通信制高校は専門学校のようにコースが併設されているところも多く、自分のやりたいことを見つけられる学校も増えてきています。

駅のそばのビルの一角に通信制高校がある場合も数多くあります。

我が家で調べた時も「こんなところに通信高校があるのか」とビックリすることもありました。

どんな学校があり、どのようなコースがあるのか調べてみてはどうですか➡通信制高校・サポート校の情報サイト!【ニュースク】資料請求無料

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次