MENU

起立性調節障害の中高一貫校の中学生 進路はどうする?内部進学は本当に大丈夫?

中高一貫校の中学3年生の春、娘が起立性調節障害を発症しました。

中高一貫校に通っていたので、それまで高校受験についてまったく考えていませんでした。

目次

体調は元に戻らない

起きれない 起立性調節障害

明日になれば体調が良くなって学校に行けるようになる

娘は毎日「明日はよくなる」と信じて過ごしていました。

しかし、何日経っても体調がよくなることはありません。

天気が悪ければ体調も同じように悪くなり、ピクリとも動けません。

そして、日を追うごとに天気に関係なく動けなくなり学校に通えくなりました。

このままでは高校進学ができる基準をクリアできないのではないか?

中高一貫校に通っていたので、高校に行くためには学校が定める内部進学の基準に達していないといけません

しかし、私が持っている書類では内部進学に関する詳しいものを見つけられなかったのです。

保護者会など、口頭では聞くことがあっても資料としてもらうことが無かったようでした。

徐々に「こんなに休んで内部進学できるの?」と不安が付きまとうようになりました。

高校進学はどうするの?

起立性調節障害

毎日の娘の体調に一喜一憂していた私。

ふと「高校どうするつもりなんだろう?」と、娘にそれとなく聞いたことがあります。

高校はどうする予定?

同じ学校に行くけど?なんで?
成績もまだ大丈夫だから、進級できるんじゃない?

今のままだと、出席日数足りなくなるよ

治るから大丈夫だよ。
もう、受験勉強したくないし、友達と別れるのも嫌。
部活も続けたいから他の学校は無いな。

当然のように同高校に進学するものと疑わなかった娘。

とにかく、「今の学校にそのまま在学したい」という意思があるのは確認できていました。

高校に進学してやっていけるのか?

このまま起立性調節障害の状態が続いたら、高校卒業どころか退学にもなりかねません。

高校生活においての心配ごとは中学校生活と同じで大きく出席日数、成績、行事の参加の3つとなります。

娘の状態が良くなる兆しは今のところ見えません。

単純に「別の高校に行く」と考えた時に思い浮かんだ学校は以下の4つでした。

  • 他の私立高校
  • 公立高校
  • 定時制高校
  • 通信制高校

体力的な面で少しでも楽な学校を選ぶとなれば、家からさらに近い学校を選ぶ選択肢もあります。(通学している中高一貫校は自宅から1時間半ほどかかる距離)

家の周りにどんな学校があるのか、私はあまり知りません。

本格的に探さないといけないかも

私は心配性な性格で、気になる部分は先に知っておきたい性格です。

取り越し苦労でもよいので、選択肢としてどのようなものがあるのかは押さえておきたいと思っていました。

ネットで起立性調節障害のことについて調べていると、相談会があることが分かりました。

この相談会では、起立性調節障害の病気のことや通信制高校についてのお話を聞くことができるというのです。

まさに今知りたい情報がギュッと詰まった相談会でした。

相談会に参加できなくても、通信制高校を調べたいならこちらが便利です➡「起立性調節障害」でも安心の通信制高校選び【ニュースク】

通信制高校を調べると進路に希望が見えてきた!

私も娘のために通信制高校を調べてみました。

ビックリしたのは専門的なコースがたくさん揃っていること。

高校の勉強と専門的な勉強が一度にできるなんてすごい!私も入りたい

私が思っていた通信制高校のイメージが完全に覆された瞬間でした。

プログラミング、美術系、調理、ペット、自動車、芸能系、服飾、スポーツ、ゲーム、語学、医療など高校卒業の資格は最低限必要だが、やりたいことがはっきりしているので早く学びたい!と思っている人には進学先として選んでもよさそうな学校がたくさんあります。

そして「やりたいことは決まってないけれど、ゆっくり決めたい」という人にも通信制高校は進路の1つとして考えるのはありだと。

文部科学省の調査によると2020年に通信制高校に通う高校生が20万人を突破したとのこと。

おおよそ、20人に1人が通信制高校の生徒!通信制高校を選んでいる人の多さは想像していた以上でした。

高等学校通信教育の現状について(mext.go.jp)文部科学省参考資料

資料によると、全国には通信制高校は公立・私立を合わせると253校ほどあります。

私立の場合は、1つの通信制高校でも複数のキャンパスを持つ学校も数多くあります。

通学型以外にもオンライン型の通信制高校も存在するので、希望する学校が選びやすいと改めて思ました。

どんな通信制高校があるのか気になったらこちらから無料で資料請求できますよ。

\ 無料資料請求はこちら/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次