中高一貫校の中学生の娘、高校進学について考え始める

通信制高校 願書受付

中高一貫校の高校に進学しようと思っていた娘。

しかし、起立性調節障害の進学セミナーを聞いてからは考えが変わってきたようでした。

高校(進路)について本格的に考える

進路支援フォーラムでは、起立性調節障害でも無理なく通える学校があることがわかりました

それが通信制高校だったのです。

通信制高校でも、学校に通うことができる(通学型)があるのがわかり通信制高校に興味が出てきました。

娘も、この先どうなるのか不安を抱えながら過ごすよりも次の事を考えたほうがいいのかも…と思うようになってきたようでした。

しかし、通信制高校がどこにあるのか?全く分かりませんでした。

資料請求をすることで、学校の特徴や場所などを知ることができました。

通信制高校の場所は、駅から近い学校も数多くありました。
ビルの一室を使っているところが多かったので、生活圏でも気が付かないですね。

通信制高校を探すならまずは資料請求から

スポンサーリンク

自宅からなるべく近い通信制高校

通学していた中高一貫校は、自宅から教室まで1時間半以上かかる距離でした。

体調を考えると、自宅から近い場所にしたほうがいいという考えになり、いくつかピックアップしました。

調べていくうちに、通学型からWEB型に変更できる学校も数多くあることがわかりました。

万が一、体調が悪くなってもWEB型に変更できる。

体調がよく学校に通えるのであれば、そのまま通学できる。

これなら体に負担が少なく行えるのではないか?という結論になりました。

それなら、高校は通信制にする。
中学を卒業して、高校は新しい学校なら途中から入るわけじゃないから友達も作りやすいかもしれない。

別の学校に行くことを嫌がっていた娘でしたが、仲のいい友達が通信制高校を考えているということを聞いたことも、後押ししたようでした。

この日を境に、同高校進学を考えることをやめました。

スポンサーリンク

出願期間が迫っている!

通信制高校 願書受付

何校か調べていくうちに、気になる学校を見つけることができました。

数回ある出願期限や試験日などを調べると、最短の出願まで残りが1カ月も無いことがわかりました。

高校はなるべく早く決めたい。

体調面もあるから、なるべく早く受験したほうがいいね。

娘と相談して、通信制高校受験の事を学校の先生とお話することにしました。

受験に必要な書類を書いてもらえるか、心配な面がたくさんあります。

学校側と話をしないと先に進まないので、あらゆることを想定して先生とお話することになりました。



カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です