起立性調節障害の専門の先生とのお話、生活上の注意点などの指導・その他

娘は、起立性調節障害の専門の先生に診てもらっています。

専門の先生に診察してもらうときの会話が、いろいろなことを考える上での判断材料になったのは間違いありません。

お話した内容などにについて、簡単にまとめてみました。

診察室での問診内容などは普通の会話

初診の時に、いつから状態が続いていますか?というところから始まり、日ごろの生活や、学校生活などについてをお話しました。

例えば

  • 学校は行ってる?
  • 学校は楽しい?
  • 部活とかやってるの?
  • だいたい何時ぐらいに寝てる?
  • ご飯食べてる?
  • 休みの日はどうしてる?
  • 兄弟はいるの?
  • ご両親とはいつもどんな話をする?
  • どんな時に体が辛くなる?

等、その他いろいろな話をしました。

文字にすると、本当にたわいもない内容ですね。

内容は多岐にわたっているなぁと感じていましたが、治療に必要な項目なのですね。

スポンサーリンク

日ごろの生活についてのアドバイス

水をたくさん飲むこと、塩分も多めにとること、規則正しい生活をすること…など、起立性調節障害で一般的にいわれていることをアドバイスされました。

これらは娘にとって、ちょっと苦手とすることばかりです。

水もあまり飲みませんし、どちらかというと薄味が好き。

試験前などは夜遅くまで勉強していたので、規則正しい生活はなかなか難しいところでした。

しかし、直接病院の先生から言われることで、娘自信も「気をつけなきゃ」と思うことができました。

ただし、普段は忘れてしまうこともあるので「先生が言っていたよね」というと、素直に聞いてくれるという点でも、先生からのアドバイスは重要でした。

日ごろの生活面でのアドバイスは、その子の症状に合ったものを伝えてくれていると感じました。

スポンサーリンク

高校進学について

「中3ということは、高校はどうするの?は中高一貫校に通っているということは、そのまま高校に上がれるの?」という話になりました。

確かに、このまま高校に上がってよいのかどうか、漠然と考えているところでした。

今後、体調がよくなるのか、悪くなるのかは全く分かりません。

しかし、あと半年もしないうちに中学卒業になってしまいますし、今後どうするのか考えなくてはならない時期でもありました。

気になるのは、「起立性調節障害の子どもはどうしているのか?」ということです。

先生に聞いてみると、やはり人それぞれという答えでした。

高校は全日制を選ぶ人もいるし、通信制、定時制等、様々だということ。

全日制を選んで卒業することもいれば、途中で通えなくなって、通信制に編入する子など。

話を聞けば、一人ひとり違う症状があるので、どの選択をするのがよいかよく考えてね。ということを伝えてくれました。

娘もそれを聞いて、どうするのか考えなければいけないと思ったようです。

今の学校で進学するのがよいのか、受験を選ぶのか。

現実的に考えなければならないと、思うようになりました。

最終的に娘が選んだのは通信制高校です

スポンサーリンク

小児科はいつまで受診できるの?

起立性調節障害は小児科の先生でしたので、中学を卒業したら別の先生を探さないといけないのか?という心配もありました。

そうなると次は何科?診てくれるところあるのかな?と、気になっていました。

聞いてみると、高校生になっても、そのまま受診してOKとのことでしたので一安心でした。

症状が良くなるまでどれぐらいかかるのか分からないので、先生の言葉に「よかった」と心から思ました。

現在は高校生になった娘ですが、同じ小児科の先生に受診しています。



カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です